美濃和紙あかりアート展

美濃あかりアート展

あかりアート展

 1300年の伝統に支えられた「美濃和紙」は、そのしなやかさと温かみあふれる手触りで、さまざまな現代アートに用られています。美濃市では「美濃和紙」を使った「あかりのアート作品」を全国から募集し、重要伝統的建造物保存地区に指定されている『うだつの上がる町並み』を会場として展示、コンテストをします。

美濃あかりアート展

これまでの入賞作品

第1回

作品

岐阜県
木戸口幸人

第2回

作品

ホオズキ

岐阜県
石原孝子

第3回

作品

光の渦

静岡県
櫻田聖二

第4回

作品

Seed

京都府
河本真由子

第5回

作品

ふるさとのあかり

岐阜県
渡辺末明

第6回

作品

グラデーション

岐阜県
仲野真

第7回

作品

輪廻

大阪府
藤江孝充

第8回

作品

ゆらめきin The Air

兵庫県
矢是秀朗

第9回

作品

抱月(HOUZUKI)

栃木県
鎌田泰二

第10回

作品

木漏陽

東京都
amano lab.

第11回

作品

光の積層

愛知県
柴崎幸次

第12回

作品

細美

神奈川県
内藤陽介

第13回

作品

white breath

岐阜県
大滝國義

第14回

作品

天使の集い

岐阜県
澤村加代

第15回

作品

obob

岐阜県
澤村温也

第16回

作品

愛知県
758でまえアーティスツ

第17回

作品

てんこもり

岐阜県
幅 英香

第18回

作品

TEMPtation

兵庫県
野口健司

第19回

作品

連連つらら

奈良県
藪 晶子

第20回

作品

白 白

東京都
福田龍二(拓殖大学)