美濃和紙の里

 なだらかな山々に囲まれ、水清らかな長良川や板取川が流れる美濃市。和紙の原料である良質の楮(こうぞ)が多く取れ、豊かな自然の恵みとそこに住む人々の知恵と工夫によって美濃和紙は生まれました。繊細で丈夫な美濃和紙の歴史を紐解いてみましょう。

美濃和紙の歴史

本美濃紙

1300年の伝統に生きる美濃和紙

美濃和紙の起源は明らかではありませんが、奈良町時代、仏教の普及により、写経が盛んになりました。その写経用の紙に美濃紙も使われたようです。正倉院文書の中に美濃経紙が記されています。毎日新聞社「手漉和紙大鑑」によると、大宝2年(702年)「美濃、筑前、豊前3国の戸籍簿断簡(正倉院文書中に現存)であり、いずれもそれぞれの国府で、所属の製紙工に漉かせたものである。」とあります。これらのことから少なくとも美濃和紙は、1300年以上の歴史を有するものと考えられます。
平安時代に製紙業がいっそう発達し、美濃は紙の原料である楮(こうぞ)を600斥(約360kg)の年貢を差し出しています。この量他の産地を大きく引き離した量です。美濃和紙は江戸時代にも受け継がれ、明治時代は製紙業が激増しました。その後、濃尾地震や不況、太平洋戦争による物資、労働力不足等が美濃和紙生産に大きく影響しました。
石油化学製品の進出は大正末期から紙業界の大きな課題となり、昭和30年代には生産者数が1200戸あったのに昭和40年には500戸に激減、その後も減少を続け、昭和60年には40戸となりました。伝統を受け継ぎつつ手漉き和紙の振興をはかるため、昭和58年、美濃手漉き和紙協同組合を設立、昭和60年には国から伝統工芸品に指定されました。

和紙の里会館

和紙の里会館

紙すき体験

開館時間

AM9:00~PM5:00
※入館は、閉館時間の30分前までです。

休館日

火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
祝日の翌日

紙すき体験

職人が使う本物の道具を用い、天然の原料を使った、こだわりの紙すき体験にチャレンジすることができます。
詳細は美濃和紙の里会館ホームページをご覧下さい。

美濃和紙の伝統を守り、更なる振興を図るため平成6年美濃市の北西部に建てられたこの会館では、美濃和紙の魅力を存分に知ることが出来ます。長い歴史に裏打ちされた和紙職人の技を体感して下さい。また、毎年世界各国から招かれたアーティストたちが3ヶ月ほど美濃市に滞在し、和紙を使った芸術作品を制作、その作品展がここ和紙の里会館で催されています。

1300年余の伝統を受け継ぐ美濃和紙。明治・大正時代の最盛期には約四千戸余の家が手すき和紙に従事していましたが、戦後、日本人の生活様式の変化と共に徐々に減り始めました。昭和58年、販路拡大、品質向上、原材料の共同購入、後継者の育成などを目的に美濃手すき和紙協同組合を設立。昭和60年に国の伝統工芸品として指定されました。
現在15戸の組合員と和紙職人を目指す若者たちが伝統を守りつつ、新たな和紙の魅力を引き出し、多種多様な和紙製品を生み出して行こうとしています。