うだつの上がる町並み

うだつとは

美濃市には、うだつの上がる町並みが見られます。“うだつ”とは、屋根の両端に作られた防火壁のことです。江戸時代、火事の際の類焼を防ぐためのものでしたが、当時の豪商たちがその富を競い合うようにそれぞれに立派な“うだつ”を設けました。

小坂家住宅うだつ

小坂家住宅うだつ

鬼瓦を持たないうだつ軒飾りというのは珍しく小坂家だけの特徴です。とりぶすま、二枚の破風瓦、簡素な懸魚で構成されています。

松久家住宅うだつ

松久家住宅うだつ

旧今井家のうだつより少し発達したうだつ軒飾りです。屋号を表す鬼瓦が少し立派になり、破風瓦の下に簡素な懸魚もついています。

加藤家うだつ

加藤家うだつ

破風瓦が「人」という字ではなく、傘形となっていて、懸魚があっさりとしていて調和のとれたデザインとなっています。

平田家、古川家うだつ

平田家、古川家うだつ

最も新しい形式の軒飾りとして、明治の初期につくられました。他の軒飾りと比べ一段と装飾的にデザインされ豪華です。