観光スポット

観光スポット

伝統と歴史があふれる美濃市の名所をご紹介致します。

旧今井家住宅

旧今井家住宅・美濃史料館(市指定文化財)

最も古い形のうだつ軒飾りが上がっています。鬼瓦は小さく、破風瓦の下に懸魚が見られません。最も大きな特徴は破風瓦を左右に二枚ずつしつらえている事です。旧今井家の見どころに水琴窟があります。ひと回り大きく復元され、訪れた人の耳を楽しませてくれます。

地図はこちら

あかりアート館

美濃和紙あかりアート館

伝統の美濃和紙を使ったあかりアート作品を展示しています。建物内部は木と和紙を使用し、落ち着いた雰囲気は心が自然と癒されます。

地図はこちら

小倉公園

小倉公園

金森長近が徳川家康より美濃の地を拝領した時、小倉山城を築城しました。小倉山は標高159mの小さな山で、現在、小倉公園として市民や観光客に親しまれています。春には約1,000本もの桜が咲き誇り、さくらまつりで賑わう人気のスポットです。

地図はこちら

上有知湊(川湊灯台)

上有知湊(川湊灯台)

明治末期まで美濃町は「上有知(こうずち)」と呼ばれていた。金森長近は、関が原合戦の功によって徳川家康からこの地を拝領し、長良川畔に物資輸送の玄関口として「上有知湊」を開き経済の発展を目指した。江戸時代から明治末期まで流通、交通の中心として栄えた。船着場までの石段、舟の安全のために奉祀された住吉神社、石灯籠などが昔の名残をとどめています。

地図はこちら

美濃橋(国指定重要文化財)

美濃橋(国指定重要文化財)

長良川を渡る真っ赤な橋は、現存する日本最古の近代吊り橋大正5年に竣工されたこの吊り橋は、日本最大級の支間を実現した吊り橋として、歴史的価値の高い近代建造物です。橋長113m、支間116m、幅員3.1m、人と自転車しか通れませんので、安心です。緑深き山々と澄んだ長良川を眺めながらゆっくりと楽しんで下さい。

地図はこちら

旧名鉄美濃駅

旧名鉄美濃駅

明治44年から平成11年まで90年間にわたり、名鉄美濃町線は市民の足として親しまれてきました。美濃—新関間の路線廃止に伴い、歴史ある駅舎を整備し、美濃町線にゆかりのある「モ512号」「モ601号」「モ593号」の路面電車3両及び電車に関するパネルを展示しています。美濃市出身の歌手 野口五郎さんの「私鉄沿線」の舞台として五郎ファンからも熱い支持を受けています。

地図はこちら

洲原神社

洲原神社

美濃市の北東部に位置する洲原神社は、奈良時代に創建されたと伝えられ、白山信仰の前宮として崇められた神社です。神社の「お砂」を畑にまけば豊作になると言われ、多くの参拝者が訪れます。社殿の中央と東西の本殿が県重要文化財、拝殿、舞殿、楼門は市重要文化財に指定されています。

地図はこちら

六角堂(鹿苑寺地蔵堂)

六角堂(鹿苑寺地蔵堂)

鎌倉時代末期から室町時代初期に建てられたものと推定されています。旧郡上街道の地蔵坂峠にあり、村の繁栄と旅人の安全を守る地蔵堂でした。名前の通り、堂の形は六角で、美濃市最古の建築物として大変貴重なものです。(国指定重要文化財)

地図はこちら

長蔵寺舎利塔、須弥壇

長蔵寺舎利塔、須弥壇

長蔵寺は1356年創設された美濃市内最古の禅寺です。鎌倉円覚寺で修行した名僧覚源禅師が開きました。円覚寺の仏舎利を分けて諸国巡錫(ジュンシャク)の時、背負って歩き、没後に仏舎利は長蔵寺に安置されました。舎利塔は小さいながら細部にまで凝った作りは誠に美しく、南北朝時代の特徴を表わしていて、貴重な建築として国の重要文化財に指定されました。昭和50年に全面的な大修理が行なわれました。須弥壇は、元禄時代に補修をされていますが、舎利塔とのつりあいも良く立派な須弥壇です。

地図はこちら

片知渓谷

片知渓谷

美濃市北部を縫うように流れる板取川(いたどりがわ)の支流である片知川両岸を縁取っています。滝や巨大な岩、奇妙な形の岩などその景観が愉しめます。木々の緑が季節ごとに美しい姿を見せてくれます。

地図はこちら


特定商取引法に基づく表記 | 個人情報保護方針について

本ホームページの内容の一部または全部について、いかなる方法においても無断で複写、複製することを禁じます。

Copyright © 美濃市観光協会 - Mino Tourism Association All right reserved.